2018年07月21日

まるっと一週間

夏の暑さにめっぽう弱い大門です





先週参加したまちなかおいでんから早一週間、相も変わらず猛暑が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?


まちなかおいでんwith JAでの出店も無事に終わりまして、多くのお客様に喜んでいただけたことをまだまだ噛み締めております・笑
いつも来てくださる方から、たまたま会場をの前を通りかかった方、仕事で他県から豊田市に来て家族とお越しになった方などなど普段では巡り会えないような方と接することができるのがまちなかおいでんの魅力です。



とは言うものの、身体の悩みについては皆さん同じようで…笑顔汗
西日本豪雨の後、連日の猛暑に体調を崩すどころか命を落としてしまうことも残念ながら起きてしまっています。
聞くとこによると今月いっぱいまだまだこの陽気が続くようなので、特に小さいお子さんがいるご家庭や身近なところにお年寄りが居らっしゃる環境にお住まいの方はどうぞお気をつけください。


時々どんな風に涼をとるのがいいか聞かれることがあるのですが、僕が日頃行っていることといえば、よくケーキなどについてくる小さな保冷剤がいくつか冷凍庫に入れてあるので、その保冷剤をハンドタオルなどに包んで首まわり脇の下足の付け根(股)に当てることをオススメしています。(保冷剤が無いときはペットボトルに水を入れて凍らせておくのもOKグッド
この3ヶ所といえば身体の中でも比較的太い血管、またリンパ節のある場所でもあるので体の外から血液を冷やすことで体感温度を下げるというちょっとした裏ワザです。(風邪で高熱が出てしまったときなども有効です)

他には枕元に水筒をおいていつでも水分補給できる状態を作っておくことも大切です。

最近の暑さに関連したニュースを見ていて思うのはやはり暑さの質が一昔前とは全く違うということへの認識不足が多くの犠牲者を出しているように思いますので決して「自分は大丈夫!」と考えず大袈裟でも何でもなく“命にかかわること”として暑さ対策をいたしましょう汗









































































お盆まで持つかしらんホントこの暑さ汗  

Posted by 大門 at 00:12Comments(0)日常

2018年06月26日

【動画】ラップの芯でコロコロ

もうすでに冬が待ちきれない大門です






それはさて置き、うちにあったガラクタで以前から作ってみたかったセルフケア用のアイテムを作ってみました!(←ちょっと大げさだけどw)

用意するものはラップの芯2本にカッター…以上!
(と言っても写真でお分かりのようにメーカーも長さもそれぞれ違うのでご注意ください。)


・長い方の芯は【旭化成】のサランラップ(幅30cm×長さ20m)
・短い方の芯は【KUREHA】のクレラップ(幅22cm×長さ50m)

我が家ではよく使う組み合わせなのでたまたまいい塩梅で揃いました(^_^;)




で、この2本よーーーく観察すると芯の太さが微妙に異なるため短い方の芯が長い方の芯にスッポリ“隙間なく”入ります。(←ここ大事※1
なので長い方の芯をおおよそ半分のところで切りまして、一番下の写真のようになれば完成です。









↓こんな風に使えば太ももやふくらはぎがだるいとき、比較的軽い力で筋肉を揉みほぐせるのでお試しあれでございます!


※1…用意する2本の芯に隙間があると、転がす際に手のお肉を挟み込んでしまう恐れがあるので注意が必要です(>_<)















































もーブログ書いてるときに地震とかビビるわ!www  

Posted by 大門 at 22:37Comments(0)日常

2018年06月25日

週末あれこれその②『臨床家向けセミナー』

いろいろ分かってきた大門です





何が分かってきたかはさて置き、昨日ちょいと早起きして刈谷まで足を伸ばしてきました。


6階・会議室


この日は自分が所属するJOTA(=日本東洋療術師協会)主催の臨床家向けのセミナーが行われました。

定期的に行われるセミナーで正規の会員はお安く受講できることもあり、頭を仕事モードに切り替えるべく久しぶりに参加してきました。



今回のテーマは『五十肩と腱板損傷に対する推拿整体』ということで、いままで行ってきた施術とは異なるアプローチの仕方がありとても有意義な時間でした。先生さすが!笑

多くの方に喜んでもらえるようまだまだやらねばならいことが山積しておりますが改めて推拿の面白さを実感した次第であります笑顔汗

次回のセミナーはいつになるのやら?楽しみです。












































さーここからどう盛り返したろかね?笑  

Posted by 大門 at 20:20Comments(0)日常

2018年06月25日

週末あれこれその①『煙が目にしみる』

いまパソコンをうちわで扇ぎながらブログを書いている大門です





この時期精密機器はすぐ熱をもつでかんわー。

それはさて置き、先週からいろいろとヘヴィなことが重なり気持ちが沈んでいたわけですが、このままではイカンということで知り合いの方が多数出演されている劇団ドラマスタジオの舞台を豊田市民文化会館へ観に行ってきました。




劇団ドラマスタジオ 第23回公演(近藤博追悼公演)
『煙が目にしみる』


作/堤 泰之
演出/岡田 隆弘


ドラマスタジオさんの舞台は時々拝見させていただいているのですが、恥ずかしながらこの『煙が目にしみる』はThe Plattersの方しか知らなかったもので予習なしで観に行ってびっくり、個人的にとてもタイムリー過ぎるお話にすっかり心奪われてしまいました。

豊田の演劇界隈でとても大きな存在であった近藤博さんを偲ぶ思いが演者さん一人ひとりから、会場全体から感じられてとても心に残る良いお芝居でした号泣

今まさにこの世から姿がなくなってしまうその人に対して周囲の人々は深い悲しみや怒りといったの感情を寄せるわけですが、しかしそれらは結局回り回って故人をいつまでも大切に思う気持ちの表れで、そして結局悪い人は誰もいないというとても暖かい流れが先ごろ亡くなった祖父の葬儀で感じたものと重なり終始舞台に見入ってしまいました。

これはホントに観れてよかったです!!














































さてその②を書こうか書くまいか…  


Posted by 大門 at 19:11Comments(0)日常

2018年02月28日

【風邪(ふうじゃ)に負けるな!!!】③

2月は早く終ると分かってても早すぎると感じている大門です







いやはや、このシリーズも今回でお終いですので明日から参考にしていただけたら幸いです(^_^)v

さて、前回首や肩を温めましょうと書きましたが具体的に狙うと良いツボがあります。一つは↓図の①にあります『風門(ふうもん)』と呼ばれるツボで左右肩甲骨と背骨の間に存在します。(図②参照)
風門は文字通り風邪が体内に侵入する門(入り口)として存在し、ここを温めるもしくは良性刺激を与え血行・気の流れを促進することで風邪の侵入を防ぐことが出来ます。




そしてもう一つは風門と同じく“風”の字が付くツボ、図の③にあります『風池(ふうち)』。こちらは左右耳の後ろ生え際のくぼみに存在します。
こちらは風門から侵入してしまった風邪が溜まる場所(池)とされ、春先に限らず頭痛の時にこのツボを刺激すると痛みが和らいでくれます。
風門同様に温めてもいいですし、手の届く場所なので指先でじわじわ刺激を与えるのも良いでしょう。このとき右の風池を押さえる時は左眼の方向に、左の風池を押さえる時は右眼の方向に刺激するとより良いです。




日頃からこういったツボ、あるいはツボの周りの血行を良くすることを意識していれば体内への風邪の侵入を防ぎ、頭痛も抑えることが出来ます。(他にも頭痛に良いとされるツボはたくさんあります)

例えばちょっとお出かけするときは襟のある服を選んだり、邪魔でなければストールを手の届く所に用意しておく。はたまた仕事の休憩中などちょっとした時間に肩回しをする、などなど自分にあったケアの仕方を見付けるのもいいと思います。

さらには、もし近くに小さいお子さんや働き詰めのお父さんお母さんが『頭いたーい』と口にしたら、薬もいいですが今回紹介した部位が冷えていないかチェックしてみるのも大事ですね。(白湯なんかでお腹を温めるのもいいですね)

というわけで、新年度に向け慌ただしくなる時期ですので仕事や学業と同じくらい身体のケアも忘れずに、3月を乗り切りましょう!(^o^)/


『風門(ふうもん)』…足の太陽膀胱経
『風池(ふうち)』…足の少陽胆経

































よし、寝る前に肩回しまくろう!  

Posted by 大門 at 23:31Comments(0)お知らせ日常