2019年08月01日

8月だとぉー!?

引っ越した先でもイノシシが出てきて驚きを隠せない大門です





さてさて梅雨が明け寝苦しい日々が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

記事に書くのが遅れましたがわたくし先日『あなたのツッコミが冴える!ざんねん⁉集客チラシ選手権2』と称して豊橋のStartup Garageさんで講座を行ってまいりました。




前回同様に普段からチラシに関してなかなかしっくり来ていないという方が多かったのか、資料として持参したチラシを参加者さんとあれこれディスカッションしていると前回には出なかった着眼点でのアイデアが沢山出てきて非常に勉強になりました。



ひとまえで話しておきながら自分がチラシを作るのが超絶ヘタクソなので、この講座を通じて自分もチラシ作りが上手くなりたいですwww

そんなこんなでまた機会があればチラシに限らずこんな会をやってみたいと思います。意外と興味はあってもそれをど正面から話し合うようなことがないような、そんな面白い会…また考えよう笑顔汗
























よし、またひとり企画会議だ!  


Posted by 大門 at 01:05Comments(0)イベント講座

2019年07月17日

『店舗PR・集客につなげる!イベント出店講座』

期日前投票に行ってきた大門です





昨日例によってまたまた豊橋まですっ飛んできました。今回は↓こちらの講座に参加すべく豊橋市にあるStartup Garageさんへ。

明日のビジネスに活きる!
『店舗PR・集客につなげる!イベント出店講座』




先ごろまちなかおいでんでも出店したこともあり、イベントに出店する際のノウハウを学べるのではと思い参加いたしました。

この何年か規模の大小問わず各地で色んなイベントが行われるようになり、そこに積極的に出店される方もたくさんいらっしゃいます。そういった空間にいち“消費者”として参加すると感じるモヤモヤはいったい何なのか?宣伝の仕方はどうか、儲けを重視しているのか、それとも自分のお店の存在を大きくアピールすることに注力しているのかなど疑問に思うことがあったのですが、今回の講座で解消される部分がたくさんありとても有意義な内容でした。

そして、いつも元気いっぱいなイベントと、段々元気がなくなっていくイベントの違いなどリアルな実例をもとに説明いただいたのは目から鱗でした。どんなに当事者が意気揚々と出店しても、消費者のニーズを的確にキャッチできていなければ「へー」「ふーん」の一言で終わってしまうし、出店者側のほんのわずかなスキも実は消費者は見逃さずしかも口に出してわざわざ出店者に言うこともなく去ってしまうので、ここ最近の自分への戒めとして昨日のことを忘れないようにしたいと思います笑顔汗



★こんな講座が定期的に行われるStartup Garageさんはこちら↓

Startup Garage
豊橋市西幸町字浜池333-9豊橋サイエンスコア
http://startupgarage.jp/


★因みに来週わたくしもここStartupさんで講座を行いますしっしっし
『あなたのツッコミが冴える! ざんねん!?集客チラシ選手権2』
https://www.facebook.com/events/984921421850165/


まさかまさかの第2回ということで大きなプレッシャーですが頑張ります!!逃げろー

まだまだ参加者を募っておりますので、当日でもお気軽にご参加ください♪






























よし!寝る!  


Posted by 大門 at 23:06Comments(0)日常イベント講座

2019年07月09日

またまた『市民のためのライティングスキルアップ講座』へ

今月から身の回りを色々変えていこうとしている大門です





それはさて置き昨日急遽豊橋へ行きましてまたまたこちらの講座に参加してまいりました↓


『市民のためのライティングスキルアップ講座』、サブタイトルを改めて読んでみると“まちの暮らしを楽しくする、わかりやすい情報発信の基本を学びます”と書いてあるとおりブログにしろSNSにしろ誰でも簡単に情報発信できる昨今、読む人に楽しんでもらえるような情報(文章・写真・動画)を発信をするにはどういった工夫が必要なのかをもっとたくさんの方に知って欲しいと思います。

今回の講座は前回(伝わるイベント告知・開催レポート)と違い『お店や人に取材する時のマナーやコツというテーマでお話を伺ってきました。

場所は前回と同じく豊橋駅前にあるコワーキングスペース『トライアルビレッジ』さん



ブログなどは内容によっては簡素なものでも問題ありませんが、応援したい人やお店・商品などがあるとちょっと調べりゃ分かるじゃんレベルから一段上を目指して書く必要があると思います。
お店であればどんな人がどんな時間に誰と利用するのかなどを想定して細かく記事にするのかでブログの読み応えも違うし当事者も気づかなかい視点を得られることもあるかもしれません。

ガッツリ市民ライターではないので気合を入れて取材するのはなかなかハードルが高いですが、身近にいる人やモノを応援したいと思ったとき改めてこの講座で学んだことを活かしたいです。(特にマナー的な部分で汗





…と、講座も盛り上がった後、ここトライアルビレッジさんで毎月8日頃に行われる『たこ焼きDE異業種交流』がスタート!!しっしっし
講師の先生&講座に参加された方々とたこ焼きで盛り上がりましたw






注)コワーキングスペースですw

お店で買うたこ焼きももちろん美味しいですけど自分たちでワイワイつくるたこ焼きはまた違う美味しさがありますね元気(お店にはない具材放り込んだり)

こんな楽しい空間があるから片道約2時間かけて車で行っちゃうわけです笑顔汗

そして最近豊橋で市民ライター講座がやけに多いなと気付いた方もいるかと思います…

その理由の一つとしてこんなイベントが控えていることもあります!↓
『プロスポーツハッカソン2019』
https://www.facebook.com/events/332695010940196/

東三河には、Bリーグ(プロバスケット)の三遠ネオフェニックスの本拠地があり、三遠地域から日本一のクラブを目指す、プロバスケットチームがあります。
また、豊橋・田原の海は、恵まれた地形から、サーフィンの世界大会が行われるほどで、地元のプロサーファーが世界を見据えて、日々練習に励んでいます。

そんな、地域のプロスポーツをもっと盛り上げたい!更に良い環境にしていきたい!というテーマで、今回はプロの方々を協力者にお招きしながら、ものづくりやサービスの面から、地域のプロスポーツの課題を解決することができないかを探求していきます。

《Facebookイベントページより引用》


地元のスポーツイベントを盛り上げるため市民がアイデアを出し合おうというこの企画めちゃくちゃ面白そう…だけどスケジュール的に参加は厳しいので最終日の7/27、結果だけ見届けに行こうと思います。
もしかしたら豊田市のイベントにも活かせるアイデアが飛び出すかもしれないので興味のある方は是非申し込んでみてはいかがでしょうか?ピース

























































あぁーいっぱい頭使った!  


Posted by 大門 at 23:29Comments(0)日常講座

2018年09月21日

第4回『菜根譚読もうぜの会』

今日このあと7時から梅坪台交流館でこの会を開く予定の大門です





さてさて、『菜根譚読もうぜの会』第4回のお知らせです!

1600年代、中国で書かれた処世訓『菜根譚』(さいこんたん)、近年書店でも関連書籍が多く売られるようになり注目を集めています。

この度この菜根譚を使った朗読会(…のようなもの?)を企画しました!
参加されるみなさんと菜根譚を読みながらその魅力について一緒に掘り下げていこうと思います。


厳しい夏も終わりを迎え

『何となく憂鬱』
『何となく不安』
『何となく気持ちが晴れない』

など、季節の変わり目の心の健康は身体にも直接影響してきます。
日頃「もしかしたら(自分)疲れてるかも…」と感じている方には得るものがあると思います。最初は少人数で行う予定なので興味のある方は是非ご参加ください!
参加応募はこのページからでも直接こちらへメッセージorメールでも可能です。(交流館への連絡はご遠慮ください)

【日時】
2018年10月5日(金)
午後7時~午後8時半

【場所】
高橋交流館 1F 工芸室
愛知県豊田市高橋町3-100-1
TEL : 0565-76-1612
HP : http://ph-toyota.jp/guide/fujioka/

【参加費】
1,500円(高校生以下無料)資料代込

【持ち物】
筆記用具(必要な方はメモ帳も)

【注意事項】
・現状テキストに限りがあるため参加者を最大8名までで応募を締め切らせていただきますのでご了承ください。
・交流館周辺の通りがやや狭いので、車でおこしの際は近くを走る車・歩行者には十分お気をつけください。

※同地区『高橋コミュニティセンター』ではありませんのでお気を付けください。








































第2回 本日9/21
http://daimon.boo-log.com/e457021.html

第3回 来週9/28
http://daimon.boo-log.com/e457887.html



翌週10/12(金)は若林交流館で行います!  
タグ :菜根譚


Posted by 大門 at 17:23Comments(0)講座

2017年11月28日

【東洋思想を学ぼうの会#09】無事に終わりました!

油断してお昼に爆睡してしまいお目々ぱっちりな大門です






それはさて置き、昨日プリマヴェーラさんで行いました9回目となる『東洋思想を学ぼうの会』、無事に終えることができました。


今回取り上げたのは、

荘子から
『齧欠(げつけつ)と王倪(おうげい)との問答』(斉物論編)
老子から
第七十七章『天の道は』
第七十九章『大怨を和すれば』

荘子の『齧欠と王倪との問答』は齧欠と王倪という架空の人物のやりとりで、
-私が知っていると思っていることだって、実は知っていないことかもしれないし、私が知らないと思っていることだって、実は知っていることかもしれないのだ。-
絶対的にこれが正しいといった知識や判断などは、荘子の説く『道(=万物斉同)』という立場からみればこの世にはありえないということが読み取れます。

老子の『天の道は』では、天の道-自然のはこびかた-はちょうど弓に弦(つる)をかけて張るようなものだろう。
この第七十七章は、貧しい者から厳しく取り立てて私腹を肥やす権力者への批判と同時に、聖人(道を修めた人)はことさらに自分の地位や財力・成功をひけらかすことを好まない。ということが書かれています。

第七十九章『大怨を和すれば』では-深刻な怨みごとを和解させると、必ず怨みはなおあとまで残るものだ。どうしてそれを善いことだと言えようか。-
小さないざこざを和解するのは大いに結構なことですが、根の深い怨みごとは後々“しこり”が残ります。
そうした事態を防ぐために聖人は自分の立場をわきまえて行動する。
善人も悪人も天の下では平等ではありますが、人間の小さな作為をお天道様はお見通し。天の道-自然のはこびかた-には善人・悪人どちらかに偏ったえこひいきはない。しかし天はいつでも善人の味方である、ということが書かれています。


自分の境遇に心が折れそうな時、苦しいときこそ腐らず人間的な余計な作為を無くして行きたいものです。


ちなみに当講座は今回を持って一時終了いたします。
また機会をみて開催したいと思いますので、『またやってくれよ!』という応援メール、絶賛受付中ですwww







































じっくり荘子でも読みましょうかね。  

Posted by 大門 at 22:05Comments(0)講座