› THE LONG RUN › 講座

2017年05月23日

【無事4回目の講座が終了】

ハットリ忍法ニニンのニン』を30年ぶりくらいに聴いて泣きそうな大門です(懐かしい号泣







それはさて置き、昨日プリマヴェーラさんで4回目となる『東洋思想を学ぼうの会』を行いました。


前回老子のみの紹介だったので今回は荘子から二つのお話をピックアップして参加された皆さんと一緒にあれこれ語りました(^_^)
告知でも「ちょっと重い内容でございます」と書いた通り、今回テーマとして取り上げたのは『死』。

人前で死について滑らかな口調で語り始めるといよいよ「この人大丈夫かしら?」と思われそうですが荘子の根本思想にある『万物斉同(ばんぶつせいどう)』この中には、人や物・生と死・夢と現実などは上下、優劣で“区別するもの”ではなく四季の廻りのような変化の一部にすぎないという考え方があります。(ぜーんぶいっしょ!区別しない!)

普段私たちは生きていることが最良であり、死は悲しい出来事として捉える傾向にあります。人間ですから言葉や表情などにより喜怒哀楽の振り幅は他の動物よりも豊かかもしれません。しかし、荘子の話しの中のいくつかで『本当に死ぬことが悲しいことなのか?辛いことなのか?』と疑問を投げかけるお話が登場します。

今回紹介した二つのお話がこちら↓
・荘子の妻死す (至楽編)
・髑髏(どくろ)問答 (至楽編)

子供の頃『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングテーマを聞いて「お化けには試験も病気もないのか⁉️でらうらやましいやん‼️」と思ったことありませんか?笑(あれは妖怪ですが)僕はあります(^_^;

上記の『髑髏問答』では鬼太郎を彷彿とさせる内容にドキッとしますし、『荘子の妻死す』では「悲しいには悲しいけど、いつまでも故人を思って気を病むほど悲しみ続ける必要はない」と言われているような気がします。

“もし”生きている世界以上に向こうの世界にとてつもなく大きな発見があるのなら、悲観的に考えずに生きているうちからもう少し『死』という未知の世界に前向きな目を向けてもいいのではないでしょうか?(ちょっと怖い気もするけど・笑)










































次回の講座は6/26(月)10:30~です。今度はもっとライトな感じでいきますwww  

Posted by 大門 at 21:57Comments(0)講座

2017年05月19日

【東洋思想を学ぼうの会#02】解説

いい加減衣替えの準備をしないと暑くてやってられない大門です







それはさて置き、来週5/22(月)に行う【東洋思想を学ぼうの会#04】の前に、過去にやった内容の解説の続きをちょろちょろっと再開しようと思います笑顔汗

第1回の時にこの講座で扱う『老子』と『荘子』が生まれた背景を簡単に紹介しましたが、3月におこなった第2回ではそれぞれ根本にある思想と概要を紹介しました。


老子にしろ荘子にしろベースとなるのは『道』なのですが、それぞれ異なるアプローチで表現しています。

老子において『道』とは…『無為自然』(むいしぜん)
荘子において『道』とは…『万物斉同』(ばんぶつせいどう)


老子についての概要↓


荘子についての概要↓



これらを踏まえ、第2回の講座では

老子から
第四十一章 「上士は道を聞けば」
第四十四章 「名と身と孰れか」

荘子から
朝三暮四(斉物論編)
道は在らざる所無し(知北遊(ちほくゆう)編)

をピックアップして、『道』や『物事の本質』について、日常生活で起こる様々な事柄と絡めて参加された方々と話し合いました元気

文章ひとつひとつ読んでいくと、見慣れない漢字ばかりで『分からん!』となりますが、ゆっっっっくり読み解いていくと誰しも経験したであろう心の動きとピタッとリンクする瞬間があるのでこの講座と合わせて書店で『老子』や『荘子』を目にしたら是非お手にとって読んでもらいたいですねしっしっし

そんなわけで第4回の講座は来週の月曜日5/22・10:30~12:00、プリマヴェーラさんで行いますので興味のある方はお気軽にご連絡ください♪









































さ~月曜日の準備しよー!(衣替え後回し)  

Posted by 大門 at 17:27Comments(0)講座

2017年05月15日

来週5/22は【東洋思想を学ぼうの会】#04やります。

そろそろゼロに行きたくなってきた大門です






それはさて置き来週の月曜日、5/22はまたまた【東洋思想を学ぼうの会】を行います。はぃ、4回目です手のひら
前回に引き続き今回もアトリエ*プリマヴェーラさんをお借りして、2300年前から現代に通じる『老子』・『荘子』の魅力を語ります電球
注:今回のテーマはやや重めです・笑
気になる方は以下ご参照くださいませ



【日時】2017年5月22日(月)10:30~12:00
【場所】アトリエ*プリマヴェーラ
    愛知県豊田市百々町6丁目3番地の8
    HP→http://www.geocities.jp/ateriel_primavera/
【参加費】¥1,000(1人)
     現金・クレジットどちらもご利出来ます。
【その他】参加人数は5名(~最大6名)まで。
     メモなど必要な方は筆記用具をお持ちください。

質問・参加希望の方は、下のコメント欄もしくはこのブログ内にある「メッセージを送る」ボタンからでも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!




































さーてやること山盛りじゃ。  

Posted by 大門 at 11:35Comments(0)講座

2017年04月17日

【東洋思想を学ぼうの会】#03やりまーす。

注文していたバドミントンのラケットが届いたのにこの天気で若干凹んでいる大門です(そもそも1人じゃ出来ないけどもw)






それはさて置き、【東洋思想を学ぼうの会】#03が来週に迫ってまいりました。


第3回となるこの講座ではまだまだ語り尽くせない“道”についてまだまだまだまだ掘り下げます(ネタは尽きませんなw)
前回に引き続き今回もアトリエ*プリマヴェーラさんをお借りして、2300年前から現代に通じる『老子』・『荘子』の魅力を語ります電球

【日時】2017年4月24日(月)10:30~12:00
【場所】アトリエ*プリマヴェーラ
    愛知県豊田市百々町6丁目3番地の8
    HP→http://www.geocities.jp/ateriel_primavera/
【参加費】¥1,000(1人)
     現金・クレジットどちらもご利出来ます。
【その他】参加人数は5名(~最大6名)まで。
     メモなど必要な方は筆記用具をお持ちください。

質問・参加希望の方は、下のコメント欄もしくはこのブログ内にある「メッセージを送る」ボタンからでも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!














































そいえば昔ブタミントンってあったよね。  

Posted by 大門 at 15:40Comments(2)講座

2017年03月31日

第3回も、やります!

春先はどうも諸々の判断が鈍る傾向にある大門です







それはさて置き、先月・先々月と行いました【東洋思想を学ぼうの会】、4月も以下の日程でまたまた開催します。

【東洋思想を学ぼうの会】#03
今回も『老子』『荘子』の魅力をモリモリ掘り下げていきます!(結構頭使うでね)

【日時】2017年4月24日(月)10:30~12:00
【場所】アトリエ*プリマヴェーラ
    愛知県豊田市百々町6丁目3番地の8
    HP→http://www.geocities.jp/ateriel_primavera/
【参加費】¥1,000(1人)
     現金・クレジットどちらもご利出来ます。
【その他】参加人数は5名(~最大6名)まで。
     メモなど必要な方は筆記用具をお持ちください。

質問・参加希望の方は、下のコメント欄もしくは下の「メッセージを送る」ボタンからでも受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください!



…因みに、前回の講座でご紹介したのはコチラ↓

『老子』から
第四十一章 『上士は道を聞けば』
第四十四章 『名と身と孰(いず)れか』

『荘子』から
『朝三暮四』 (斉物論編)
『道は在らざる所無し』 (知北遊(ちほくゆう)編)


次回の内容はまだ内緒(←決めてない)です!!!!



















































4月から何か新しいことしたいような、そうでもないような。  

Posted by 大門 at 16:25Comments(0)講座